FC2ブログ

最新記事

月別アーカイブ(タブ)

dicdicのランニング

カウンタ (ホームページと合算)

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

カテゴリ

QRコード

QR

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

162:ゼレンカ

2011/02/11 (Fri) 13:27
バロックの作曲家にゼレンカというのがいます。

学校で教わることはまずない作曲家だと思いますが、
対位法を極めた彼の旋律はバロックファンには
たまらないのです。

私がゼレンカを発掘したのは、つい5年ほど前でした。
どこかの国の高校の音楽発表会のサイトからmp3を
ダウンロードして聞いたのが最初でした。
その素晴らしさがあまりにも衝撃的だったので、
ゼレンカのCDを探し回りましたが、
当時はなかなか発見できませんでした。

やっと見つけた1枚のCDは、ぜんぜん知らない曲
だったけれどもとても満足のいくものでした。
Missa_dei_Filli.jpg
とくにグロリアは、今でも毎日のように聴いています。

ゼレンカは最近発掘されたらしく、
個人経営のサイトが最も詳しい情報を提供しているくらいで、
http://www7a.biglobe.ne.jp/~thor/music/fmain.html
研究はあまり進んでいないようにも見えますが、
Youtubeなどではどんどん紹介されるようになっています。

職場で徹夜することが多く、疲れきっていたので、
「この3連休は絶対に譲りません!」
半ば強引に休みを取りました。
雪のせいで走れないのは残念ですが、
部屋で沁み沁みとゼレンカに聞き惚れようと思います。

Magnificat



Pera il giorno in cui si diede



----------------------------------------------
Written by: dicdic
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽


音楽コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 オライリーの「リファクタリング・ウェットウェア」
≫次の記事 音声版「もしドラ」を聴きました

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。