最新記事

月別アーカイブ(タブ)

dicdicのランニング

カウンタ (ホームページと合算)

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

カテゴリ

QRコード

QR

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

173:媒体地獄

2011/05/07 (Sat) 17:47
連休を利用して書斎の掃除をしました。
去年の4月から約一年間、あまりの忙しさに、
部屋の中は置きっぱなしのものが多く、
どこから手をつけてよいやらという感じでした。
掃除は約3日間続き、多くのものを処分し、
やっと部屋らしい雰囲気を取り戻しました。

机の上を漁ると、約一年前、プロジェクトが
立ち上がった当時に買った本やCDが出てきました。
ずっと放置しっぱなしだったのです。
何もかもがホコリまみれになっており、
霧吹きとトイレ紙を片手に、いちいちモノを拭きながら
つまみあげてから片付ける
という有様でした。
この際なので、CDやDVDの媒体整理や、
読まなくなった本の売却も同時に行いました。

(書籍)
今まで、血肉となった(はずの)本を売ることには
抵抗を感じていましたが、思い切ってやってみました。
車でブックオフに運びましたが、売れたのはたったの
10冊。私はすぐに書き込みをしてしまうので、
きれいな本は殆ど無く、売り物になりませんでした。
10冊は計330円で売れました。

(CD、DVD、8cmCD、MD)
製品としての媒体より、自分で焼いたものがほとんどでした。
なんでこんなに同じCDを何枚も焼いたのか解らないものも。
音楽や映像だけではありません。OSやアプリケーションの
媒体も大量に出てきました。OSだけで約20枚、
Officeだけで10枚、Windowsのサービスパックは30枚!
バックアップ用イメージにいたっては数えきれないほど
に。
その他、プリンタドライバやデバイスドライバー、
雑誌の付録、英語のテキストの添付CDなど、合計100枚以上を
処分
しました。捨てる媒体には目打ちを使って一枚一枚に
キズをつけて記録面を剥がしました。
そして大量のケースがゴミとして積み上がりました。

これで部屋はかなりすっきりしましたが、
まだ若干、押入れに押し込むことでごまかしている部分も。
子供のころから、親や友達の親、先生などに、
「物持ちがいいね(モノを大切にしているね)」と
よく褒められたものです。
しかしここまでモノが溢れ、モノを大切にする代わりに、
生活空間が犠牲になっていることに気づきました。
この年になってもモノを捨てない生活を続けていると、
「あれを片付けなきゃ、この本を読まなきゃ....」と、
焦るわりに時間が取れず、ホコリまみれの生活になって
しまうことにも気づきました。
今年度からどんな生活リズムになるか、まだはっきりとは
していないのですが、
一日ひとつは何かを捨てる生活をしよう、と
心に決めているところです。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


未分類コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。