最新記事

月別アーカイブ(タブ)

dicdicのランニング

カウンタ (ホームページと合算)

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

カテゴリ

QRコード

QR

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

169:買い占め、買い溜めのハゲタカ

2011/03/21 (Mon) 13:41
あの日から10日が経ちました。
こちらは徐々に落ち着きを取り戻していますが、
人心はなかなか元の通りにというわけにはいかないようです。

逆井駅近辺のコンビニやスーパーでは、
納品が途絶える日がある乳製品以外は、
すでに潤沢な納品があり、棚がスッカラカンに
なっているという状態ではもうありません。
しかし相変わらず買い占めや買い溜めが横行しています。
スーパーのレジで、明らかに買いすぎの人が
並んでいるのを見て、恥ずかしく思います。
ヤンキーっぽい格好の太ったお父さんと、
何も考えていなさそうな息子の二人。
そのカゴには野菜や果物は入ってません。
お父さんはハゲタカ、息子はサルに見えます。

私の個人的な予測ですが、
今回、買い溜めをしてしまった人たちは
今後数週間にわたって、買いだめしてしまったものを
徐々に消費するだけの生活になってしまうため、
栄養の偏りは避けられなくなる
と思います。
関東近郊全体としては、買い溜めをしてしまった分、
今後数週間にわたって、消費者の買い物の総額が
平常時よりも減ってしまうという影響も予想されます。
そのくらい、関東近郊では、物不足の心配は
はじめから無かったと言えると思います。
前回のブログにも書きましたが、集団心理の
恐ろしさというものを痛感しました。
今回の大きさの地震が、もしも関東直下型だったら
と考えるとき、そのパニックを想像しただけでも
ゾッとします。

ガソリンが入手しづらくなっている中で、
車の量も少しは減っているかと思いましたが、
そんなことは全く無いです。
国道(16号)では、いつもより格段に交通量が少ないのに、
路地には、いつもよりむしろ多くの車がウヨウヨしています。
いつもより明らかに交通量が多いことを考えると、
「やむを得ず車で」というコンテキストは伺えません。
一体何をしているのか。

地元では落ち着きを取り戻しつつありますが、
本当の緊急時、どのように振舞うことが自分と他人、
ひいては国全体のためになるのかということを真剣に
考える必要があると思います。
原発の最前線に駆けつけ、命がけで働いている人たちが
いるかと思えば、そうした人たちが守っている国民というのは
実は、自分勝手なハゲタカばかりだった
というのでは、
命を賭して働いた機動隊や自衛隊やレスキュー隊の人たちが
浮かばれません。

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=

あの日、うちで唯一破損したものは、揺れの衝撃で落ちた
壁掛け時計でした。
201103121254s.jpg
クリックで拡大します

今日、もとどおり電池を戻したところ、再び動き出しました。
現地の人達の時間も、再び元気よく動き出す日が来ることを
願います。

----------------------------------------------
Written by: dicdic
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


生活コメント(0)トラックバック(0)|

168:動静

2011/03/16 (Wed) 18:02
イソジンのうがい薬を買いました。
放射能対策です。
イソジンうがい薬


人間のカラダというものはうまくできていて、
必要な物質(栄養分)も、多すぎる場合には自主的に
排出するようになっています。
ヨウ素も、一定の量だけ体の中に留まるような
仕組みができており(ホメオスタシス)、
余分なヨウ素は体外に排出されます。

さて、原発から死の灰が漏れた場合、
その中にはヨウ素の放射性同位体が含まれています。
もし死の灰を浴びてこのヨウ素の放射性同位体が
体内に入った場合、害のない(放射能を放出しない)
余分なヨウ素をせっせと摂取すれば、体内に
入ってしまったヨウ素の放射性同位体が
自動的に体外に排出されるというわけです。
その仕組を使ったのが、ヨウ素製剤で、
すでに被爆地域で配布されています。
これに代わるものとして我々が手に入れられるのは、
ヨウ素を薬効成分とする「イソジンうがい薬」です。

「摂取」といっても飲むんじゃなくて、
このうがい薬を使って、しっかりうがいするだけです。
吐き出しても、どうしても喉から少量は入ってしまう
わけですから。

絶対にそのまま飲まないでください。
ヨウ素に対してアレルギーが出る人もいますし、
ヨウ素を本気で積極的に摂り過ぎると、
甲状腺異常を起こします。
繰り返しますが、
絶対にそのまま飲まないでください。

とはいえ、これは我々理系の連中の間で
広まった風評なので、どこまで信頼性が
あるかわかりませんが。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日はスーパーまで買い物に行きましたが、
パン・水・米・缶詰・冷凍食品・乾麺・乳製品は
すべて売り切れ
でした。
群集心理というものは恐ろしい。
豆腐もなかったので、お菓子だけ買って帰ってきましたが、
豆腐屋さんが何事もないかのように
家の前まで巡回
してきたので、呼び止めて購入しました。
豆腐屋の主人にスーパーの豆腐が切れていると言うと、
「へぇ~」と、ケロッとした顔をして、
「豆腐の材料はなんの問題もなく問屋さんが持ってきてくれっど」
と言ってました。 それを聞いて少し安心しました。
まったく、群集心理というものは恐ろしい。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

近所に車の行列が出来ていました。1km先にある
ガソリンスタンドまで続いています。
20110316bs.jpg
クリックで拡大します

さまざまな事情で、どうしても車が必要という人も
いると思いますが、ここに並んでいる人のすべてが、
本当にそんな事情の持ち主なのだろうか...。
こんなふうに並んでいる間に、ガソリンが切れてしまうかも
知れないということに考えが及ばないのでしょうか。
群集心理というものは恐ろしい。
「なんでこんな時にクルマで動くんだ」
と思いながら、自転車でどんどん追い抜いて行きました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「Oracleの図」がこのほど完成しました。
20110316s.jpg
クリックで拡大します

近く、Oracle学習の専用ページを、
ホームページ上に立ち上げる予定です。
まだなにも準備してませんが....(--;)
そのあかつきには、「Oracleの図」も、
PDFで公開できるようにしようかと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


未分類コメント(0)トラックバック(0)|

167:福島が心配

2011/03/16 (Wed) 11:12
福島原発の被害がここまで拡大するとは
思っていませんでした。

東京電力は、ひとたびは原発からの完全撤退を
検討したようですが、思いとどまっているようです。
もし完全撤退となれば、メルトダウンするままに任せ、
今後数十年間にわたって、福島県の東側半分は、
立ち入り禁止になってしまうでしょう。

現地に残った作業員は、ほとんど命を捨てる覚悟で
仕事に臨んでいると思います。
発表にはありませんが、原発敷地内で行方不明者が
でているとのことで、心配です。

東京電力と政府の対応に批判が出ていますが、
私はそう問題にできないレベルだと考えています。
数値情報は時系列で正確な数値を発表しています。
決して迅速とは言えませんが、手落ちがあるレベル
だとは思いません。
μSvとmSvの単位の違いが混乱を招いているとの
批判もありますが、「話を聞く」側の注意力の問題だと
思います。
記者会見の席上、もっとも腹立たしいのは、
記者たちの威張った態度と言葉遣いです。
記者の話を聞いていると、
「さっき東電の人が言ってたじゃないか!」
と言いたくなるほど、無駄な質問や意味不明な発言が多く、
一番冷静にならなければならない現場で、
もっとも取り乱しているのは記者たちではないかと、
呆れるばかりです。
記者というものは、
実は全然人の話を聞かない間抜けな連中だ

ということを再確認させられました。

いずれにしろ、記者たちの叫び声や叱りつける声は、
会見する側に威圧を与え、萎縮させる行動です。
このようなことが続けば、
「未確定だけど、まずは一報を」と控えていた情報すら、
公開してくれなくなってしまいます。

事実、昨日の10:00以降の現地モニタリング数値が、
一度も入ってこなくなってしまっています。
未確定、確定、いつの、どの程度信頼性のある情報か
を聞き分け、別途スタジオから整理して話すのが、
報道の役目であり、そのままVTRを垂れ流して批判する
のでは、ただの能ナシです。

こうした中、私の友人のひとりは仙台へ向かいました。
医療機器専門の会社で、仙台の現地社員を励ますべく、
東北自動車道を緊急車両で北に向かいました。
彼の勇気と使命感に脱帽です。
無事に帰れることを祈るばかりです。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


生活コメント(0)トラックバック(0)|

166:原発を巻き込んだ大震災になりました

2011/03/15 (Tue) 19:05
15~17日の間、去年取れていなかった夏休みを
とる予定でした。
旅行の計画も全てキャンセルし、家にいます。

原発のニュースが流れていますが、
言葉や数字の意味がなまじ解かってしまうだけに、
その深刻さと恐怖から、武者震いが止まりません。

この武者震いは、3日前、家内を都内から連れ帰った車の中で
ニュースを聞いたときに始まり、今も続いています。
激しい偏頭痛と肩痛に、座っていることすらきついです。

金曜日、無事出勤できるかなぁ...。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


生活コメント(0)トラックバック(0)|

165:2011年3月11日

2011/03/13 (Sun) 20:23
【3月11日 金曜日】
14:25
   芝浦事務所に向かうべく新木場事務所を出発

14:45
   京葉線社内にて地震発生、1両目のみが
   東京駅ホームにかかった状態で緊急停止。
   電車ドア開かず。車体は大きくゆっくりと横揺れ。
   車掌より社内に留まるよう指示。

14:48
   車掌より第一報
   「三陸沖で大変大きな地震が発生したとのことです」

14:50
   東京駅構内放送
   「地下は、地上部分と比べて強い構造になって
    おりますので、地上には出ず留まるように
    してください」

14:51
   電車1両目最前方のドアを運転手が手動開扉。降車。

15:10
   京葉線ホームから地上階へ。
   山手線ホームへ行くが、電車は全て停止中。

15:25
   携帯電話より芝浦事務所へ電話するが、つながらず。

15:30
   横須賀線地下ホーム付近の公衆電話に並ぶ。
   時折強い余震。柱に腕を回して掴まる。

15:40
   芝浦事務所へ連絡。帰宅指示。
   盛岡の社員とは連絡が取れないとのこと
   その他、家族、友人は誰ともつながらず。

15:45
   丸の内オアゾ地下のモニターに地震速報が映しだされ、
   多数の人が画面に食い入る。震度7との情報を聞く。

15:48
   誰とも連絡取れず。
   JRはしばらく復旧しないとの情報。徒歩帰宅を決める。

15:50
   大手町を出発

16:30
   言問橋を渡り、国道6号線へ

17:30
   向島
   携帯電話の電池残量尽きる。

18:40
   JR金町駅到着。ひょっとしたら常磐線各駅停車は
   復旧しているかもしれないと思い、立ち寄るが、
   駅改札口のシャッターが閉まっており、激しく落胆。
   東急ストアで排尿。食糧補給、トイレのプラグで携帯電話充電。
   ようやく家内と電話がつながる。
   家内は都内に取り残され状態。

19:20
   松戸付近
   もうヘトヘト状態。
   家内より連絡。ホテル確保できたとのこと。
   母より連絡あり。

21:00
   馬橋付近
   多数の徒歩帰宅の人並みの中を歩く。

22:30
   根木内交差点。国道6合より離れる。

23:00
   自宅最寄りのセブンイレブンで食料購入。

23:20
   柏市逆井駅

23:30
   帰宅

23:45
   家の中の片付け完了。会社と家族に無事帰宅を連絡後
   入浴。

24:20
   目がさえて眠れず、地震報道に釘付け。余震多く続く。


【3月12日 土曜日】
02:00
   犬を抱きながら仮眠

03:59
   地震で目が覚める。長野と新潟の県境の地震と知って恐怖する。

10:30
   家内を迎えに車で都内へ。
   家内はバスで北千住まで来るが、人でごった返し。
   シャッターを閉められたため絶望し、東西線で南砂の
   姉の家へ向かう。

12:30
   南砂到着。妻と再会。家路へ。
   ラジオから流れる原発のニュースに衝撃。
   GSへ立ち寄るものの、「品切れ」の看板。

18:45
   帰宅。

【3月13日 日曜日】
会社と連絡が取れる。社員は全員無事とのこと。
いわき市の社員は避難所に。
岩手県の本社屋も無事だが停電中。

逆井駅前の東武ストアへ買い物。意外と物は残っている。
パンと大豆製品、乳製品、水は品薄。

201103131632000SA.jpg

201103131623002SA.jpg

201103131623001SA.jpg

201103131623000SA.jpg

201103131622000SA.jpg

それぞれ、クリックで拡大。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


生活コメント(0)トラックバック(0)|

164:Oracleのアーキテクチャ

2011/03/06 (Sun) 21:03
Oracleの勉強を継続中です。

OracleDBAの学習を進めていく中で、
Oracleのアーキテクチャーの美しさに
圧倒される日々です。

学習内容の復習として、Oracleのアーキテクチャの図が
ほしいと思うようになりました。そのような図は、
参考書にもよく掲載されていますが、
SGAとデータファイルの全体を網羅したような図は、
なかなかありません。
そこで、自分で作ってみようと思い立ちました。

で、作ってみたのがコレ↓
20110206s.jpg
クリックすると拡大します。

HDDを2つ使うという前提で書いています。
配色や矢印の引き方もいまいち....。
リスナーやPGAもありません。
不完全ですが、少しずつ付け足して、
誰も作ったことのない「Oracleの図」を完成させたいと思います。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

さて、このほど会社から、調査・検証用のマシンを
充てがってもらえることになりました。
到着が今からとても楽しみです。
どんなことをしようか、ロードマップを作ってみました。

①OSのインストール
②VMwareの導入
③VirtualBOXの導入
④Oracle11gR2導入

...などなど

VMwareは最近、入手の手続きが面倒になってきているようで、
2年ほど前から出回り始め、最近頭角を現し始めている
バーチャルボックス(VirtualBOX=旧OracleVM)を試して
みようと思います。

もっと言うと、インストール完了状態のマシン環境を
丸ごとイメージ化できるツール(ゴーストみたいな)
なども試してしみたいと思います。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

数カ月前までは、書店でオラクルの仕組みを解説した書籍を
見ても、まったくチンプンカンプンだった自分ですが、
こうして少しずつ、カバーできる範囲を広げていきたいです。

《「Oracleの図」描画参考書》


《「Oracleの図」描画参考サイト》
■Introduction to Oracle Database
 http://download.oracle.com/docs/cd/E18283_01/server.112/e16508/intro.htm
■Oracle Data Point-Oracle 9i Architecture
 http://sarith.wordpress.com/2008/12/12/93/
■Introduction to Databases and Information Management
 http://www.mscd.edu/~ittsdba/oradoc817/server.817/a76965/c01intro.htm
■Database Worksheets-Oracle 10g architecture diagram
 http://dbaworksheets.wordpress.com/2010/03/21/oracle-10g-architecture/
■Oracle Database architecture on Windows
 http://oraplanet.blogspot.com/2010/09/oracle-database-architecture-on-windows.html
■OracleMaster講座(9i)-第13章 Oracleアーキテクチャ(補足)
 http://rina.jpn.ph/~rance/om/oracle/hosoku13.html

----------------------------------------------
Written by: dicdic
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------

テーマ : Oracle関連 - ジャンル : コンピュータ


データベースコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。