最新記事

月別アーカイブ(タブ)

dicdicのランニング

カウンタ (ホームページと合算)

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

カテゴリ

QRコード

QR

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

107:さようなら冬将軍

2009/03/15 (Sun) 01:21
昨日までの天気予報では、昼には止むはずだった雨が、
今朝の予報では、雨上がり時刻が夕方にずれていました。
激しい雨と風です。
カミさんは、 「明日にしとけば~」 と。
さんざん躊躇しましたが、雨上がり前には小降りになって
くれるであろうと願い、走ることにしました。

しかし、走り出して10分もしないうちにズブ濡れ。
肌着までビショビショになりました。
引き返して帰ろうかという考えもよぎりましたが、
頑張って走り続けました。

大雨です。全身ビショビショ。足を止めれば、
確実に風邪をひくでしょう。10km地点を通過しても、
雨はまったく止む気配を見せず、大粒の雨が
向かい風に乗って体を打ち付けました。
しかもムッチャクチャさぶい。
そしてこの頃、大変なことに気づいたのです。

パイシートつけるの忘れた!!
(しかもなぜか片方だけ)
乳首の痛みをこらえて3kmほど頑張りましたが
ギブアップ。 コンビニに行って、絆創膏を購入。
その場で装着して走り続けました。

しかし、今日はランナーが少ない。(あたりまえか...)
でも、東京マラソンは来週だぞー
今日が本番前最後の週末だぞー
トレーニングしなくて大丈夫なのかなぁ....。
結局22km走って、すれ違ったランナーは2人だけでした。

雨は帰り着くまで、ついに止むことはありませんでした。

左右色の違うパイシートを見てカミさんは爆笑。
シャワーから出ると、空は晴れ上がっていました。
土砂降りや雪、台風、炎天下、風速25mの向かい風など、
さまざまな気象条件を経験しましたが、
今日の天気も、私のランニングの経験史上記憶に
残るものとなりました。

来週からグンと気温が上がります。
来週末からは関東地方でも桜が咲き始めます。
「いつもは桜を散らす春の嵐が、桜が咲く前に
 通り過ぎていったのでしょう」 とカミさん。
そう思うと、今年の桜は幸せなのかな。

今日の天気は冬の最後の悪あがき。
ウインドブレーカーは、今日で終わりになることでしょう。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ


ランニングコメント(0)トラックバック(0)|

106:謎の好調

2009/03/11 (Wed) 19:52
今日は会社を休みました。先日の休日出社の代休です。

最近、週に一回 (7日おきに) しか走れていないので、
トレーニング間隔を空けないために、走ることにしました。

先週土曜日と同じコースを走りました。
この前は15km地点で既にバテバテ。
20km地点で失速し、しばらく動けなくなっていました。

しかし今日は、

快調で、目標の21kmまで、かなり余裕をもって
走りきることができました。
トレーニング間隔を空けないということが、
いかに大切なことか、身を以て思い知りました。

今週末は天気が崩れるようです。
なんとか走れればよいのですが.....。

----------------------------------------------
Written by: dicdic
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ


ランニングコメント(0)トラックバック(0)|

105:筋持久力が衰え始めています

2009/03/07 (Sat) 23:35
今日は大堀川-大津川コース20kmを走りました。
今日のコース → ①-⑫-⑬-③-④-④-③-②-①

このところ、週に1度しか走っていないので、
筋持久力が確実に衰えつつあるのを感じます。

寒さ、悪天候、残業.....。
平日の夜は、いつも思い通りに走れるとは
限りませんが、来週は水曜日頃に天気が
回復するということなので、来週こそ、
平日トレーニングを再開したいと思います。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------


テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ


ランニングコメント(0)トラックバック(0)|

104:人災でした

2009/03/07 (Sat) 01:03
4日の記事で、SQL Server で管理しているテーブルの値が、
ごっそり欠損してしまったという記事を書きました。
この時はバックアップから復元し、原因を調査しようと
言いながらも、様子見という姿勢をとっていました。

しかし今日、再発!!

打ち合わせのため会議室にいたところ、
一人の社員が会議室まで知らせに来てくれました。

「また見られなくなってしまったんですけど.....。」

「またか!」

駆け足でデスクに戻りながら、発生時間の見当と、
バックアップの手順をアタマの中で反芻しました。
毎深夜にフルバックアップをとり、それ以外は15分おきに
トランザクションログをとっています。
発生時間を見当つけながら復元。 今日は手際良く
いきました。 あまり慣れたくない作業です...。

ムカついたので、徹底的に調査することにしました。
はじめは、トランザクションログから、破損の原因となった
SQLを探し出そうとしましたが、SQLServerが
吐きだしているトランザクションログはバイナリで、
個々のSQLを見ることができません。

次いで、IISのログをつぶさに調査。
すると、前回発生時と今回発生時の直前に、
共通してアクセスされているwebページがあることに
気づきました。
そのページは最近使われ始めたもので、
データ更新用のSQL文を発行するものです。
調べてみると、そのwebページで発行している
update文が、ヘンなのです。

where条件がない!!

update文にwhere条件がないということは、
全件を更新するということです。

人災でした。

「2度もこんな事態を起こしやがって!!」

と、ゲンコツが手首まで出かけましたが
グッとこらえました。  このページを作った人は
webページを統合開発環境(VisualWebDeveloper)を
使って作成しており、誤ったSQL文も、
統合開発環境のGUIで作成したもの
でした。
焦っていたのか、調子に乗っていたのか...。

統合開発環境は、肝心のSQL文の部分さえも、
簡単に作成できてしまうので、深い、緻密なチェックを
することなしに 
「よし、できた!」 
という錯覚を起こし易いのです。
本来、その肝心な部分に注力するための神経を
無駄な部分につぎ込むことを避けるための
統合開発環境ですが、 
「便利だ便利だ」 
「簡単、簡単」
といいながら調子に乗っているとこういうことになります。

少しは反省してくれると良いのですが。

彼は、「何でもできます」風のアピールをして
面接を通り抜けてきたようなタイプです。

わたしはどちらかというと、
「何でもできます」
よりも、
「一から勉強させて頂きます」
というタイプの方が、むしろ安心して任せられます。
慢心から生じる油断が起こりにくいからです。

今回の事態は、そんな私の考えを確信へと
至らしめるものとなりました。

テーマ : SQL Server 2005 - ジャンル : コンピュータ


パソコンコメント(0)トラックバック(0)|

103:全損!?

2009/03/04 (Wed) 23:14
職場で私は、SQL Server を使ってデータを管理、運用しています。

打ち合わせから戻って、席に座ろうとした時でした。

「dicdicさん、データが見られないんですけど、
 サーバーダウンしてません?」

私はこのシステムをデータベースの設計から、
構築作業、そして今日までの運用を、
すべて殆ど一人で行ってきました。
ですから、オチそうな気配のあるときなどは、
ちょっと報告をもらっただけで、原因や、
おかしくなったヵ所がピ~ンと来るものです。

しかし今日は 「はて?」 という感じ。
データベースを直に開いてテーブルの中身を見てみると、
ある列の値がそっくり空っぽになっていました。
約25000行ある表の、ある項目のデータが
そっくり無くなっているのです。
単純な表示の問題かと思いましたが、違うみたい。
本当に失われているのです。 データが.....。

こういう欠損のし方は、わざわざクエリでも作って、
「勇気のクリック」 でもかまさない限り、
起こらないはずの現象です。

原因は分かりませんでしたが、仕方なく、
予め撮ってあったレプリカから、その列の値だけ
更新クエリで復元しました。

しかし.......。

復元をもくろんだ列の値は元に戻りましたが、
今度は、別の列の値が、しかも3列いっぺんに
吹っ飛んでいるのです。
テーブルの中で、ぽっかり空白になった列が
3つもあるというのは、管理者を戦慄させるものがあります。
これは尋常ではありません。

サーバーのリブート、テーブルの再作成など、
様々試みましたが、ダメ。
ついにバックアップから復元することになりました。

データは元に戻りましたが、釈然としません。
こんなことは初めてです。
もくろんだ通りにクエリが動かず、いきなりある列の値が
スッポリ抜けてしまうということは、今後の運用でも
同じ事が怒りうるということです。
原因が分からないあたり、余計に心配です。
「MSはコレだから」
とよく言います。 実際言われましたが、
これでは解決になりません。

明日以降、MSに問い合わせるつもりですが、
何をトリガにして現象が発現したのか分かっておらず、
説明のしようがありません。

同じような現象、見たことありません?

環境
OS: WindowsServer2003
DB: Microsoft SQL Server 2005 Satnderd Edition

テーマ : SQL Server 2005 - ジャンル : コンピュータ


パソコンコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。