最新記事

月別アーカイブ(タブ)

dicdicのランニング

カウンタ (ホームページと合算)

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

カテゴリ

QRコード

QR

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

94:蜂蜜劇場 『水びたし』 を見てきました

2009/01/31 (Sat) 19:48
芝居に生き、様々な役柄を演じる人たちにとって、
アイデンティティは、一つの大きなテーマなのかもしれない。

蜂蜜劇場の 『水びたし』 を見てきました。
http://honeytheater.blog.so-net.ne.jp/

登場人物は、冒頭から、軒並みアイデンティティを取り上げられてしまう
「自分を確認する記号」である「名前」が、あやふやで定まらない猫の道子
彼女は、あるときはチコであり、あるときはミー。
高校の電気科教師の諸星は、昼と夜は別の顔。
学校の守衛は、家に帰ると、体の不自由な妻の看病を。
ある時は呑兵衛であり、ある時は悪魔にもなる土方のおじさん
みな、定まった自分を持たないながらも、「今現在」の自分を
演じるので精一杯。「自分は一体何者か?」という問いも、
ドタバタの中にかき消されてしまう。

夜の学校で35年間ひたすら自習を続ける西条。彼は自分が
死んでしまったことに気づいていない。あの世もこの世も区別がないので、
死んでしまったことが自覚できないのだ。
こうして、登場人物たちは、リアリティすらも取り上げられてしまう
現実なのか、夢なのか、幻想なのか、死後の世界なのか、はたまた
テレビの中の世界なのか、はっきりしない。この世だとかあの世とか
いうのは、現在の場所との区別のために言っているだけであって、
どっちが「この世」だなんてことは主張できない。
どこに居ようが、バルドー(途上)に過ぎないのだから。

「自分」と「世界」、生きるための基盤となるこの二つの要素の徹底した
相対化
によって、見ている側も、「今、何を見ているのか?」が
よく分からなくなってくる。

そんな中、近代史の出来事のいくつかが生々しく語られる。
ランボーの詩を滔々と朗読し、パリ・コミューンの悲劇を
学生服姿で熱く語る西条は青臭いが、しかし登場人物の中で
唯一「未来」を志向する一筋の光のようにも見える。
諸星は、1988年に起きた北海油田事故の生々しい悲劇を熱く語る。
わずか1時間の間に起きた悲劇への予兆と、大惨事の現場の悲劇が語られる。
事故現場のディテールのほんの一部であろうが、現場のイメージを
鮮明に掻き立てられるあまり、「もうたくさんだ」と叫びたくなるほど。
台詞を覚えるだけでも相当大変だったろうと思う。
歴史の1事件でありながら、160人の犠牲者にとっては、現実のすべてだった。

裏方さんが漢詩を中国語で読み上げてくれたり、
バグパイプが生演奏される一幕も。
場面ごとにコントのような掛け合いや、意味深な独白が。
「雪の降る街を」は、理屈抜きに楽しい。

物語が発散しっぱなしで、どこにも収束しないし、統合もしない。
西条の卒業式が、登場人物たちにとっても、観客たちにとっても、
殆ど唯一の救済だった。しかし卒業式もやはりバルドー(途上)に過ぎない。
『このへんに「未来」が』、『このへんに「未来」が』と繰り返しながら
歩みを進める諸星と西条の姿が印象的だった。

帰りの電車で、カミさんが、
「実はわたし、小学生のとき演劇部だったの」
と突然の告白。
「えーーー! そんなこと全然知んなかったよ!」
「だって言ったことないもん」
とカミさん。

お芝居を見た夜は、頭の中で思考がグルグルと回りっぱなしの私でした。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------


スポンサーサイト

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術


お芝居コメント(0)トラックバック(0)|

93:大澤真幸さんの『不可能性の時代』

2009/01/25 (Sun) 22:15
大澤真幸先生の『不可能性の時代』 を読みました。
20090125s.jpg

読み始め、冒頭の文章にガツン
一発ぶん殴られたような衝撃が。

   現実(リアリティ)は、常に、反現実を参照する。われわれにとって、現実は、意味づけられたコトやモノの秩序として立ち現れている。意味の秩序としての現実は、常に、その中心に現実ならざるものを、つまり反現実をもっている。すなわち、現実の中のさまざまな 「意味」 は、その反現実との関係で与えられる。「意味」の集合は、まさに同一の反現実と関係しているがゆえに、統一的な秩序を構成することができるのだ。
大澤真幸 『不可能性の時代』 冒頭


冒頭からコレです。意味がサッパリ分かりません。
とんでもない航海に乗り出してしまったと思いましたが、
大澤先生の文章は、読み進めるほどにスッキリするような
キモチ良さがあり、今回もちょっとそれを期待して読み進めました。

理屈づけに大量の紙面を割くので、ともすると、本題を忘れがちに
なってしまいます。そのあたりに気をつければ、大変面白い
本だと思います。
宮崎勤、酒鬼薔薇聖斗、オタク、『砂の器』など、さまざまな
側面から戦後と現代を分析します。
社会学者とはいえ、過去の考察と現状の実況中継は
すごいものがありますが、「なら、今後どうなっていくのか」
ということになると、ハッキリとした結論は出しにくいようです。

結論 (というか巻末) にかろうじて、今後の人間社会の
ありかたを示すくだりがありますが、ちょっと自信なさげで、
尻窄みという感じ。 
でも、久しぶりに読み応えのある文章を堪能しました。

大澤真幸先生の魅力 (というか謎) にとりつかれた状態は
まだまだ続きそうです。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌


読書コメント(0)トラックバック(0)|

92:脚が重い...

2009/01/24 (Sat) 17:04
ここ2週間の間、週に一回しか走っていません。
寒さに負けて、平日は1度も走れない状態が続いています。
「温暖化なんてウソじゃん」(なんちゃって)

今日もなんとか20km走りきりましたが、大腿の筋肉を
したたか痛めました。
よくマッサージングしたので大丈夫だと思いますが、
いよいよ筋肉が退化してきています。
昔読んだ本に書いてありましたが、3日走らないと
筋力の減衰が始まるとか。最低でも週2回は走らないと
いけないということですね。

はやく暖かくならないかなぁ.......。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ


ランニングコメント(0)トラックバック(0)|

91:DVD 『不都合な真実』

2009/01/18 (Sun) 16:49
アル・ゴアの『不都合な真実』をレンタルしました。
20090118as.jpg

環境問題、とりわけ温暖化の原因については、
さまざまな説があり、産業界や国同士の利害が絡む
微妙な問題と捉えていましたが、このDVDの中では、
ゴア元副大統領は明快に、確信を持って、
二酸化炭素が原因であり、温暖化が急速に
進行しつつあること
を、講演会の形式という演出で
力強く訴えています。

大統領選挙に敗れたときの様子や、
幼少期を過ごした農場の記憶などをちりばめながら、
講演会が展開されます。 米国という国で環境問題を
訴えることの困難さが分かり易く示されています。

この人が大統領になっていたら世界はどうなっていたか、
そう考えると、地球や人類の辿る運命というものが、
いかにもアイロニカルに感じられます。

20年以上も前に、この廃熱の問題について着目し、
訴えた学者が日本に既にいました。
高木仁三郎さん(1938 - 2000)です。
20090118bs.jpg
言葉の噛み応えでも、高木仁三郎さんの言葉を
いくつか紹介しています。
http://vigorous-note.seesaa.net/article/112059878.html
http://vigorous-note.seesaa.net/article/112512964.html

ゴアさんは、講演の最後で、この絶望的な状況でも、
人類は必ず解決できると、力強く訴えています。
オバマ次期大統領や、先日紹介した齋藤孝さんも
そうでしたが、問題山積の、ともすれば 
「絶望的だ」、「もう手遅れだ」 と見える
状況の時こそ、未来への希望を力強く訴える
偉大な人が多く現れる時代とも言えるのではないか
と、
感じました。
多くの人に見てもらいたい映画です。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画


映画コメント(0)トラックバック(0)|

90:今日のラン

2009/01/18 (Sun) 00:19
今日は穏やかに晴れました。
風もあまりなく、ウインドブレーカーは不要と思われましたが、
先週の極寒の記憶がまだ鮮明で、風を恐れるあまり、
ウインドブレーカーを着こんで家を出ました。

しかし、

風が穏やかで、汗びっしょりになってしまいました。
復路は前をはだけてはしりました。
このような日が毎日続いてくれればよいのですが。

この寒さ、あと2ヶ月ぐらいでしょうか。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------


テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ


ランニングコメント(0)トラックバック(0)|

89:鳥の博物館と水の館

2009/01/11 (Sun) 21:03
カミさんと手賀沼の見どころを巡り。
ランニング以外で手賀沼を訪れるのは
ホントに珍しいことです。

まず導水ビジターセンターを見学した後、
いつもは脚で走っている遊歩道に出てみました。
ランナーがたくさんいます。
頑張れ~。
↓ランナー優先の標識。これはとても嬉しいです。
20090111as.jpg
※クリックで拡大します

有名な観光スポット。鳥の博物館へ。
山科鳥類研究所の付属施設です。
20090111cs.jpg
※クリックで拡大します

剥製を使ったジオラマが展示してあります。
なかなかリアルですが、カルガモの親子などは、
ちょっとかわいそうな気がします。
20090111ds.jpg 20090111es.jpg
※クリックで拡大します

今、鳥の骨格の特別展をやっています。
鳥の全身骨格が数多く展示されています。
↓この写真は、展示のほんの一部です。
20090111fs.jpg
※クリックで拡大します

トキの剥製も
ニッポニアニッポン (・∀・)
20090111gs.jpg
※クリックで拡大します

次に水の館へ。
鳥の博物館の向かいにあります。
20090111bs.jpg
※クリックで拡大します

プラネタリウムは時間を外して諦め、
スライドや水槽などの展示物を見て回りました。

そして展望台!!
20090111hs.jpg 20090111is.jpg
※クリックで拡大します

美しい手賀沼。ランニングの時はカメラを持ち歩きませんので、
今日は美しい手賀沼の写真がたくさん撮れて満足です。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------

テーマ : 千葉県 - ジャンル : 地域情報


写真コメント(1)トラックバック(0)|

88:この冬一番の風

2009/01/10 (Sat) 22:14
昨晩の夜の天気予報で見た天気図が
私を震撼させました。
20080110as.jpg
この真冬に、日本列島を堂々と低気圧が
縦断していくなんて.....。

ある程度覚悟をし、最重装備でランニングに出かけました。
行きは向かい風、帰りは追い風になるようにしましたが、
復路、ところどころで失速し、20kmで足が完全に止まって
しまいました。

大津川流域の田畑は立っていらないほどの強風です。

帰宅後、クルマで買い物に出かけましたが、
店の前の旗はたおれ、積んであったトイペも
崩れていました。
200801101bs.jpg

風のおかげで空気が澄んでいるため、月がとても
キレイに見えました。 私の手持ちのカメラで、
この美しさがメディアに残せないのは残念です。
200801101cs.jpg

----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------


テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ


ランニングコメント(1)トラックバック(0)|

87:『なぜ日本人は学ばなくなったのか』

2009/01/08 (Thu) 22:11
齋藤孝先生の『なぜ日本人は学ばなくなったのか』
やっと読みました。 
20090107a.jpg

暖簾に腕押しかもしれない。でも、言うべきことを
言わなければ日本はダメになってしまう。
危機感をひしひしと感じながら読みました。
齋藤先生の地道な努力が、徐々に華開いて
いくことを信じたいです。

「書きたいことが湧いて湧いて、噴き上がってくる」
と表現する齋藤孝先生の自由でエネルギーに満ちた
メッセージ。 だから結構話しがポンポン飛びますが、
さらりと読めるのであまり気になりません。

「まえがき」 はあっても、 「あとがき」 がない本が
結構多いです。しかしこの本では、 「あとがき」 として、
次世代の若者へ向けた力強いメッセージを残しています。
本文とは語調を違えるという演出ぶり。
素晴らしい励ましと檄のメッセージ。 感動的です。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌


読書コメント(1)トラックバック(0)|

86:さくらさくさくぱんだ

2009/01/06 (Tue) 23:16
今年も出ました。
「さくらさくさくぱんだ」↓
20090106as.jpg
柏駅のニューデイズで発見、即購入しました。

20090106b.jpg
ハート目のパンダが入ってました。
これはアタリです。 (本当か!?)
幸先良さそう。 (そういうことにしておこう)

それにしても、パンダの勉強する姿。
見てくださいよコレ。↓
20090106c.jpg
勉強しながら笑ってますよ。
私が受験生だった頃、勉強には、「輝かしい未来」とか、
「知識欲を満たされる興奮」といった感情が、どの教科にも
必ずと言って良いほどまとわりついていたように思います。
だから、「勉強」は苦しいだけじゃなかった。

最近の学生を見ていると、勉強に対して、「苦しい」とか
「楽しい」という感情よりも、「つまらない」とか「意味ない」
というシラケに近い感情があるのではないかと疑いたくなります。
私の通勤の時間帯の関係上、不真面目に見える学生しか
目につかないせいかもしれません。
私の思い過ごしであればよいのですが。

ということでもう一度↓
20090106c.jpg
「カワイ~」もいいけれど、「すごぉ~い」とか、「私もがんばろっ」
という気持ちが、このさくさくパンダくんを見て湧いてくれば良いのですが。
最近は大学入試でも青田刈りが盛んなようで、この時期、多くの生徒は
推薦やOA入試で進学先が決まってしまっているとか。
今、まさにこの時期(1~2月)に勉強している生徒が、
今後の日本を背負って立つ実力をつけることのできる、本当の受験生です。

頑張れ受験生!!
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ


菓子コメント(0)トラックバック(0)|

85:ラスベガスをぶっつぶせ(DVD)

2009/01/04 (Sun) 21:39
思いがけず年賀状が届いてしまった人への返事も書かず、
ダラダラしながら、借りてきたDVDを見ました。

『ラスベガスをぶっつぶせ』
20090104b.jpg

カミさんが 「どうしても借りたいっっっ」 と前から言ってました。
タイトルを聞いて、私はてっきりアジアの映画かと思ってました。

もとのタイトルは『21』。
「カウント」というワザを使って、ブラックジャックで大勝ちを企む、
マサチューセッツ工科大学の教授と学生たちの物語です。
実話らしい。

理系の私は、ニュートン-ラプソン法についての授業で、
グッと心を鷲掴みされ、(ストーリーとあまり関係ないのに...)
計算と暗号を駆使したプレイのテクニックと、勝者がコロコロと
入れ替わる展開にとても引き込まれました。

生涯印象に残るような感動作ではありませんが、楽しいし、
痛快で、見終わったあとに爽快感が残ります。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画


映画コメント(0)トラックバック(0)|

84:初走り

2009/01/03 (Sat) 21:48
今日が初走りとなりました。
箱根駅伝のゴールも見届けずに手賀沼へ。

やはりランナーはほとんど見あたりませんでしたが、
折り返す頃には、雨後の筍のように、
遊歩道に続々とランナーが登場。
珍しく、抜きつ抜かれつが多い日となりました。

正月太りでちょっと重いかな。。。

大家さんちのミカンの木がキレイです。
2008010301s.jpg

正月休みもあと1日です。
あしたも晴れるといいなぁ。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
ホームページ↓
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
ランニング、肺気胸日記、眼瞼下垂治療記など
 ◇ランニング記録は→こちら
----------------------------------------------

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ


ランニングコメント(1)トラックバック(0)|

83:赤霧島

2009/01/02 (Fri) 22:46
カミさんの実家に新年の挨拶に行ってきました。
2008010203s.jpg

カミさんのお母さん、カミさんのお姉さん夫婦と食事を
ご馳走になっているところへ、カミさんの従弟さん登場。

従弟さんがお土産に持ってきてくれたのが、
幻の芋焼酎 『赤霧島』
2008010201s.jpg
封を開けると、お酒はほとんど飲めない私も、お芋の甘~い香りを察知。
カミさんのを一口もらってみました。
2008010202s.jpg
なかなかサラッとした口当たり。ほんのり甘い味です。

とはいえ、お酒が苦手な私には、25度の焼酎はとてもキツく感じました。

この『赤霧島』、みんなに絶賛されていました。
こんなお酒を持ってきて、みんなに振る舞うなんて、
いい子だなぁ。。。

一口とはいえ、私も飲んでしまったので、歩いて帰宅しました。
寒かったぁ。

テーマ : 美味しい焼酎 - ジャンル : グルメ


生活コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。