最新記事

月別アーカイブ(タブ)

dicdicのランニング

カウンタ (ホームページと合算)

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

カテゴリ

QRコード

QR

カテゴリ内記事一覧

スポンサーサイト - --/--/-- (--) --:--
T-Moblie Dance - 2010/05/23 (日) 12:51

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

142:T-Moblie Dance

2010/05/23 (Sun) 12:51
日本ではゲリラライブの首謀者は逮捕されてしまいましたが、
きちんと許可を取って企画したものならば、大丈夫なのでしょうか。
そもそも許可下りるのかな....。
車の通行がないところなら、許可してもらえるのかも知れません。

下の動画は、一般通行人参加型のゲリラライブです。
とは言っても、ほとんどがサクラでしょうが、
巻き込まれた人たちも十分楽しんでいます。



何も考えずにYoutubeを見ていてたまたま見つけたのですが、
最後に「T-Mobile」と表示されてはっとしました。
T-Mobileといえば、あの自転車チームのT-モバイルです。
ドイツで言う、日本のNTTのようなもんですかね。

スポンサーから退いてしまいましたが、T-モバイルといえば、
僕にとってはやはり「自転車チームのT-モバイル」です。
アームストロングとの接戦を繰り広げたウルリッヒや
スプリンターのツァベルが懐かしいです。
手賀沼を走っていると、T-モバイルのジャージを着て颯爽と
自転車を転がしている人もいて、今でもファンが多いことが伺えます。

旧ユーゴのセルビア人とクロアチア人のように、
国中で多民族が入り乱れて生活しているような国では、
ちょっとしたことがきっかけで血みどろの民族衝突が
起こりかねない緊張状態を覚悟しなければなりません。
音楽には、そんな民族間の緊張を解きほぐし、
「人間」という共通の場に戻してくれる効果があるのでしょう。

「Life's for Sharing」 のキャッチが印象に残ります。

↓こちらもT-モバイルのCMです。
http://www.youtube.com/watch?v=jzRF10wwdvo&annotation_id=annotation_256601&feature=iv

なかなか粋なCMです。
日本の企業には、こう言うことを考える人はいないのかな?
間違いなく受けると思うし、みんな元気になると思うのですが。
----------------------------------------------
Written by: dicdic
http://dicdic.web.fc2.com/index.html
----------------------------------------------


スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ


自転車コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。